新型CR-Vのフルモデルチェンジは2016年でPHV採用か。日本発売にも期待したいが・・・

ホンダが2016年末にも新型CR-Vをフルモデルチェンジして発売する見込みである。

次期CR-Vには、現在欧州モデルに採用されているディーゼルエンジンが
北米モデルにも採用されるかどうかが注目であるが、
どうやらPHEVが採用される可能性が高い。

新型CR-Vのフルモデルチェンジは2016年か。PHV

honda cr-v2
今、SUVというジャンルは、世界的に人気があり、
ありとあらゆるメーカーが続々と新しいSUV車を発売させている。

そんな中、ホンダも2016年待つにもCR-Vをフルモデルチェンジさせる
予定だ。

以前、インドで行われたオートエキスポ2014で公開された
「Vision XS-1」を次期CR-Vのコンセプトカーとして見る動きもある。

Vision XS-1
Vision XS-1リア

そんな中、冒頭でも述べた通り、
北米版新型CR-Vには、PHVが採用される可能性が
高まっているが、それは、カリフォルニア州の
ZEV規制が主な理由となりそうだ。

ZEV規制とは、
特定の条件を満たした自動車メーカーに対して
ZEV(排ガスゼロの車)の販売を一定の比率にしなければ
いけないという規制である。

ちなみに、ハイブリッド車については、
2018年モデル(2017年に発売される車)から
対象外となる。

このZEN規制の基準に満たないメーカーは、
罰金の支払いもしくは、基準を満たしているメーカーから
クレジット(排出枠)を購入しなければならない。

つまりホンダとしてもZEV規制の基準に満たす
必要があり、ZEVの対象でなくなるハイブリッド
を採用するよりもZEV対象のプラグインハイブリッド
を採用した方が得策ということである。

だからこそ、新型CR-Vには、PHVが
採用されると見られているのだ。

すでにPHV化されているアコードプラグインハイブリッドには、
2モーターのハイブリッドシステムi-MMDと大容量バッテリーが
採用されているが、新型CR-Vにも同様のシステムが活かされる
だろう。

日本発売の有無について。廃版の噂も

honda cr-v3
北米版と欧州版の現行型CR-Vは、
昨年2014年にビッグマイナーチェンジを果たしているが、
日本モデルに関しては、なぜかマイナーチェンジされていない。

2015 Honda CR-V
honda cr-v3.1
 

<マイナーチェンジ後のCR-V>

実は、次期CR-Vの発売とともに
日本モデルの生産と販売が終了する
という話があるのだが、この真偽は
未だにはっきりとしていない。

また、今年2015年に開催されたインドネシア国際オートショーにて
CR-Vの弟的存在になりそうなBR-Vと呼ばれる新型SUVのプロトタイプ
が発表された。

honda BR-V
 

日本では、このBR-VがCR-Vにとって代わる
存在になる可能性は否定できない。

ただ、筆者としては、モデルチェンジ後の
PHVの新型CR-Vを、日本でも発売して、
アウトランダーPHVの対抗車として日本のPHVを盛り上げてほしい所だ。

CR-Vのモデルチェンジに対するVoice

・次期CR-Vには、i-MMDを採用してほしい

・廃版になるとしても、せめてMCはしてほしい

・マイナーチェンジしてくれたら買うんだけどな

・次期型は日本では売るのかな

・エクストレイルHVが出たんだから、CR-Vにもテコ入れしてほしい
<ネット上より>

フルモデルチェンジ後の次期CR-Vよりも、まずは、
北米・欧州で行われたマイナーチェンジ後モデルのCR-Vの日本導入を期待する
ユーザーは多い。

このままカタログ落ちとなってしまうのかどうか、
最新情報が入ればまたお伝えする。

<関連記事>
次期RVRはディーゼルエンジン搭載で2016年にフルモデルチェンジか。ランサーエボリューション後継車として期待がかかる

CX-9の新型が2015年度末に日本発売か?次期MPVと統合へ

次期XVハイブリッドのフルモデルチェンジは2017年の見込み!PHVも投入か

おすすめの記事